みんな大好きなマヨネーズはグルテンフリー?

みんな大好きなマヨネーズはグルテンフリー?

みんな大好きなマヨネーズはグルテンフリー?

マヨネーズはクリーム色の黄白色の調味料で、サンドイッチに冷やして食べたり、サラダのドレッシングやソースのベースとして使われることが多いです。

世界中でよく使われている調味料なので、グルテンフリーの食事で食べても大丈夫なのか疑問に思うかもしれません。

この記事では、マヨネーズを作るために使われている材料の概要と、グルテンフリーダイエットをしている人が食べても大丈夫なのかどうかについて解説します。

マヨネーズは何でできているの?

マヨネーズは、以下の材料を混ぜ合わせた乳液です。

卵黄または全卵


この3つのシンプルな材料をブレンドするだけで、基本のマヨネーズができあがります。

追加のスパイスや香料を加えることもできます。一般的に使用されるものとしては、海塩、砂糖、ディジョンマスタード、ホワイトペッパー、セロリシード、マスタードシードなどがあります。

マヨネーズを作るために使用される油の種類も異なります。多くのメーカーでは、キャノーラ、アボカド、グレープシード、ベニバナなどの中性味のオイルを使用しています。風味の強いオリーブオイルを使用すると、マヨの風味を圧倒してしまう可能性があります。

マヨネーズとは、卵黄、油、レモン汁や酢などの酸を混ぜ合わせた乳液のことです。

グルテンフリーの人がマヨネーズを食べても大丈夫?

グルテンとは、小麦をはじめ、大麦やライ麦などの穀物に含まれるたんぱく質の一群です。

小麦の種類によっては、パン、シリアル、パスタ、焼き菓子、スープ、ソース、サラダドレッシングなどの食品加工に使用されています。

セリアック病の人は、小麦、大麦、ライ麦、その他のグルテンを含む食品を避けて、厳格なグルテンフリーの食事をとる必要があります。グルテンを食べると、下痢、腹部膨満感、便秘、腹痛、体重減少、食欲不振などの症状が出ることがあります。

セリアック病とは異なるグルテン過敏症の人も、グルテンを避けることで症状の緩和を見出すことができます。

マヨに使用されている伝統的な材料、卵、油、酸のどれもグルテンを含んでいません。したがって、真のマヨは、ほとんどの場合、グルテンフリーの食事をしている人にとっては安全なはずです。

しかし、追加の材料の一部にグルテンが含まれていたり、レシピで使用されている油や酢がグルテンを含む製品に由来している可能性があります。

また、マヨネーズとその内容物の製造中にグルテンとの交差汚染のリスクもあります。

それでも、マヨネーズがグルテンフリーであることを確認するためのベストプラクティスがいくつかあります。

伝統的にマヨネーズを作るのに使われてきた材料は当然グルテンフリーですが、二次汚染や添加された材料によってマヨにグルテンが含まれている可能性があるので、注意した方が良いでしょう。

レシピID:5084253
ガガログレシピレシピ作者:


レシピを保存

ユーザー作ったレポート

 
タイトルとURLをコピーしました